ボストン周辺地域での生活における様々な出来事を綴るブログ

タグ: ボストンパブリックライブラリ

ボストン図書館メンバー2019年6月中ボストン美術館の入場無料

2019年4月7日から8月4日まで、ボストン美術館にて「Toulouse-Lautrec and the Stars of Paris」(妙約: トゥールーズ・ロートレックとパリの巨匠アーティスト展)開催中。

https://www.mfa.org/exhibitions/toulouse-lautrec-and-the-stars-of-paris

mofa-exhibition

ボストン美術館は見るところが盛りだくさんの美術館。

バンカメのカードホルダーは毎月第一土日にこのボストン美術館を無料で観覧できることはMoFA Boston -ボストン美術館をバンカメ特典で無料見学-で紹介したが、今回も同じような無料見学のお話し。

ボストン図書館メンバーは6月中無料観覧

なんと、Boston Public Libraryのカードホルダーは6月中限定で無料でボストン美術館を見学することができるのである。

mofa-exhibition-bpl

ボストン図書館メンバーにはMA州民は全員がなることが可能。

6月中、見に行かなくては

ボストン図書館はマサチューセッツ州民が会員対象

アメリカでは住んでいる市のパブリックライブラリのメンバーになることができ、書籍、CD、DVD、Blu-Rayなどのレンタルが可能となる。市によってはそれら以外に「物」も借りたりすることができる。また、市によっては住民でなく、職場がその市にある場合にはメンバーになれるところもある。

ボストン図書館対象者

通常はこのように「市」「町」が対象だが、ボストン・パブリック・ライブラリ (BPL) は実はボストン市民でなく以下が対象となる。こちらに住んでもう3年近くになるが、はじめて知った。

  • マサチューセッツ州民
  • マサチューセッツ州に住居を保有
  • マサチューセッツ州に勤務
bpl-3-member

ボストン図書館所在

図書館は26ヶ所あり、所在地も Boston, East Boston, South Boston だけでなくAllston, Brighton, Charlestown, Dorchester, Hyde Park, Jamaica Plain, Mattapan, Roslindale, Roxbury, West Roxburyにもある。

bpl-1-map

最寄りのライブラリのメンバーであれば基本的には用は足りる。

書籍やデジタル以外のメリット

BPLのメンバーになった場合の、個人的なメリットはミュージアム・パス。それぞれの図書館で発行しているので、ミュージアム・パスの貸与がしやすくなる。BPL圏外に在住するマサチューセッツ州民がBPL界隈に勤務している場合には特に利便性も高いので、タイミングを見つけてメンバーになっておくことをオススメしたい。

私は先日Allstonにある図書館でメンバーになり、その場でミュージアム・パスを入手した。利用についてはまた後日。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén