ボストン周辺地域での生活における様々な出来事を綴るブログ

タグ: ミュージアム

ボストン図書館はマサチューセッツ州民が会員対象

アメリカでは住んでいる市のパブリックライブラリのメンバーになることができ、書籍、CD、DVD、Blu-Rayなどのレンタルが可能となる。市によってはそれら以外に「物」も借りたりすることができる。また、市によっては住民でなく、職場がその市にある場合にはメンバーになれるところもある。

ボストン図書館対象者

通常はこのように「市」「町」が対象だが、ボストン・パブリック・ライブラリ (BPL) は実はボストン市民でなく以下が対象となる。こちらに住んでもう3年近くになるが、はじめて知った。

  • マサチューセッツ州民
  • マサチューセッツ州に住居を保有
  • マサチューセッツ州に勤務
bpl-3-member

ボストン図書館所在

図書館は26ヶ所あり、所在地も Boston, East Boston, South Boston だけでなくAllston, Brighton, Charlestown, Dorchester, Hyde Park, Jamaica Plain, Mattapan, Roslindale, Roxbury, West Roxburyにもある。

bpl-1-map

最寄りのライブラリのメンバーであれば基本的には用は足りる。

書籍やデジタル以外のメリット

BPLのメンバーになった場合の、個人的なメリットはミュージアム・パス。それぞれの図書館で発行しているので、ミュージアム・パスの貸与がしやすくなる。BPL圏外に在住するマサチューセッツ州民がBPL界隈に勤務している場合には特に利便性も高いので、タイミングを見つけてメンバーになっておくことをオススメしたい。

私は先日Allstonにある図書館でメンバーになり、その場でミュージアム・パスを入手した。利用についてはまた後日。

Bank of America - Museums on Us

Bank of America Museums on Us バンカメで毎月第一土日をお得に美術館見学

Bank of America (BoA) のアカウントを持ってから2年以上経って知ったアカウントホルダー向けの Museums on Us という特典。これを使わない手はないんです!

バンカメのキャッシュカード、クレジットカード、Merrill Lynchのカードなどを提示することでアメリカ国内の数多くのミュージアムが毎月第一土曜日・日曜日無料で入館できるというとてもお得なプログラム。

対象となるのはカードホルダーのみ。子供を含めた家族はカードホルダーのゲストという扱いになるため Museum on Us の恩恵を受けて無料とはなりません。しかしミュージアムによっては子供料金が無料だったりするので、その場合完全無料で鑑賞できるんです。

対象施設一覧 Museums on Us® participant roster

対象施設は少しづつ変わります。例えばマサチューセッツ州では2018年はイザベラスチュワートガードナー美術館が対象でしたが、現在は対象外になっています。

全米の州ごとにまとめられた一覧はバンク・オブ・アメリカのサイトで確認できます!

Museums on Us® participant roster

対象施設地図検索

Museums on Usのサイトには行きたい施設を地図で確認するページがあります。そしてこのページで対象の施設を左側のエリアでクリックすると、詳細が表示され、どのようにして対象施設で特典を受けられるのかの説明があります。

例えばボストン美術館には以下のように記されていて、事前購入ではなくて現地窓口で提示の上チケットを発券してもらう必要が記載されています。

Tickets are only available in person during applicable weekends and are limited to one per cardholder.

https://about.bankofamerica.com/en-us/what-guides-us/arts-and-culture/find-locations.html

地図は Museums on Us のサイトからも辿れますし、以下のリンクから直接飛ぶことも可能です。

https://about.bankofamerica.com/en-us/what-guides-us/arts-and-culture/find-locations.html

2022年マサチューセッツ州 Museum on Us 対象施設

2022年の対象施設は以下の11施設。

  1. Boston
  2. Concord
  3. Fitchburg
  4. Hyannis
  5. Lenox
  6. Nantucket
  7. New Bedford
  8. Salem
  9. Springfield
  10. Worcester

2022年ロードアイランド州 Museums on Us 対象施設

  1. Newport
  2. Providence

2018年マサチューセッツ州 Museum on Us 対象施設

マサチューセッツ州で2018年に対象となるのは7つのミュージアム

  1. Boston – Isabella Stewart Gardner Museum
  2. Boston – Museum of Fine Arts, Boston
  3. Cambridge – MIT Museum
  4. Fitchburg – Fitchburg Art Museum
  5. Springfield – Springfield Museum
  6. Williamstown – Clark Art Institute
  7. Worcester – Worcester Art Museum

2018年カレンダー

  • 1月6日、7日
  • 2月3日、4日
  • 3月3日、4日
  • 4月7日、8日
  • 5月5日、6日
  • 6月2日、3日
  • 7月7日、8日
  • 8月4日、5日
  • 9月1日、2日
  • 10月6日、7日
  • 11月3日、4日
  • 12月1日、2日

対象となる日程は土日のみなので、三連休の週末だったとしても金曜日や月曜日は対象外になるので要注意。また1日が日曜日の月の場合、対象になるのはその翌週の7日、8日の完全週末の土日なのでその点も注意。

2018年9月にはこのメリットを享受してMIT Museumに行ってきました。

関連記事

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén