ボストン周辺地域での生活における様々な出来事を綴るブログ

タグ: レストラン

Row 34 ~シーポートDistrictのオススメシーフード~

2016年渡米当初に一度行ったきりのRow 34

10/30のハロウィンの日にチームディナーで訪問

単刀直入にオススメ

ボストンでは数多くのシーフードレストランがあり、他にもいいところ多数ありますが、シーフードとアルコール(特に私はクラフトビールが好き)を総合的に見るとココは楽しめます。

メニュー

アペタイザー

ここを選んでくれた同僚がアペタイザーを適当にチョイス。写真はすべて取り忘れてしまったけど、すべて美味しかった!

  • Raw Oysters
  • Grilled Salmon Collar
    • サーモンのカマの部分を良い塩加減で焼いたもの。一皿を2~3人で分ける感じで前菜にちょうどいい。
  • Tuna Tartare
    • アボガドの上に刺身のツナを巻いた形で盛り付けフライドオニオンとソースで味付けしたもの。6個一皿なのでこれも2~3人で分けるのが良い。

メイン

Daily Whole Fishをチョイス。白身魚で皮がパリッとなるいい加減でグリルしてあり、塩加減も良い塩梅。魚の下に添えられている野菜も美味しかった!

ちなみに魚の種類が何か聞き取れませんでしたが、勘であたりだろうと頼んだら正解でした。汗

fish

ビール

クラフトビールメニューにあるように、ここはかなりいいセレクションを揃えています!

当日は以下の3つをチョイス。

  • Same Beer, Different Label / Proclamation, Rhode Island
  • Bringing Sexy Back / Aslin, Virginia
  • Morning Latte / Toppling Goliath, Iowa

King Sueのドラフトも飲んでおけば良かったなぁ。

おまけ

ちなみにボストン市内では仮装を見かけませんでした。どこかのエリアではやってたのかな?

ボストン・シーポート・エリアは色々いいお店があってオススメですよ!

Spyce -8割自動化キッチンテイクアウト-

ボストン近郊は学生街かつ優秀な大学が揃っていることから新しい発想を持った学生が起業したビジネスに直接触れることもある。

Spyce

241 Washington Street, Boston (Web)

ここSpyceもそのひとつ。MITの学生が起業したファストキッチン兼テイクアウト。横斜めに配置された調理ドラムが常時回転し、具材を炒めてテイクアウト容器に注いでくれる。

注文は店内のキオスク端末にて行う。

IMG_9158

過去来店履歴からの注文、もしくは新規注文の選択。まずここから発想が違う。

IMG_9159

ボウルの食事か飲み物か選択。食事のBOWLSを選ぶ。

IMG_9160

メニューカテゴリの選択。REGULARを選択。

IMG_9161

メニューの説明。私が訪問した際のREGULARカテゴリーメニューは以下。スパイシーなLATINには唐辛子のアイコン付き。

  • HEARTH
  • LATIN
  • LEBANESE
  • MOROCCAN
  • THAI
  • INDIAN
  • CHICKEN + RICE

 

 

THAIはどうやら辛い分類には入らないらしいので、それを選択。すると、詳細メニューが出てきて、カスタマイズオプションが選択できるようになる。

 

 

続けて、GRAIN、つまり主食となるごはん部分の選択。こちらではストイックに炭水化物をとらずにタンパク質(プロテイン)をとる食事をする人や、ベジタブル系を選ぶ人もいるので、そのための選択。

  • Brown Rice
  • Freekeh
  • No Grains
  • Swap Grain For Kale

IMG_9166

アップセルのデザートおよび飲み物の選択案内。

IMG_9167

名前を入力。回転自動調理ドラムの上部には入力した名前が表示されるので、自分のメニューがどこで調理されているかがわかる。ちなみに最初のYouTubeを見てもらうと、右から三つ目のドラムには TAKA Kと表示されているのがわかる。

IMG_9168

決済方法の選択。多くの人はクレジットカードなので、それがまず最初に大きく表示。

  • Credit Card
  • Coupon
  • Cash

IMG_9169

すべての注文処理が終わると確認画面が出て、あとは自分の料理ができるのを進行具合をみながら待つだけ。

IMG_9170

標準価格は$7.50

そして標準価格は$7.50とお買い得。安いバーガーファストフードではなく、調理されたどんぶりご飯がこの値段。そして味は決して悪くない。

IMG_9173

特にボストン市内に店舗を構えていてこの値段なので、どのように調理されるかを見る楽しみだけでなく、単純にリーズナブルなランチを食べるという視点でも申し分ない。

まだ一度しか訪問したことがないが、また機会を見てリピートしてみたいと思う。

IMG_9157

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén