ボストン周辺地域での生活における様々な出来事を綴るブログ

タグ: 運転免許

RMV Entrance

I539(H4ビザ)承認待ちでのマサチューセッツ州運転免許の更新は玉砕

現在H4ビザをI-539で申請中 – In Process – 状態でBiometricsも完了しているが、承認待ち

しかしながらマサチューセッツ州の運転免許期限が切れてしまうため更新期日にRMVを予約して行ってきた

必要書類

マサチューセッツ州の運転免許取得・更新に必要な書類は以下の通り (詳細はMass RMV Identification Documents Checklistを参照のこと)

  1. 在留資格証明 – 1部
  2. ソーシャルセキュリティ番号証明 – 1部
  3. マサチューセッツ州在住証明 – Real IDの場合は2部、Standard IDの場合は1部

2と3は問題ない。3の州在住証明が何らかの理由で1部しか用意できない場合にはStandard IDで申告すれば免許証は発行される。

問題は1。日本人である以上、この書類の中で準備ができる唯一の書類は外国のパスポート (日本のパスポート)。それに有効なビザそしてI-94が必要になるのであるが、現時点ではそのビザの承認待ち状況。

現在のH4 Change of Statusで申告している状況は、主となる承認されたH1Bビザを保有している配偶者がいるので合法に在留できるのであるがMass RMVが求めている書類が揃わないのである。承認されるとI-797Aが発行され、それが必要な書類なのだが承認待ちなので当然持っていない。

在留資格証明の対策

とは言っても、なんとか更新をしてもらいたい。手ぶらでいくわけにはいかないので、1により近く、揃えられる以下のものを持参する。

  • 配偶者のI-797A (H1Bビザおよび添付されたI-94)
  • ケースI-539(H4ビザ)申請中のI-797B
  • 状況を説明したレター

アポイントメント当日

RMV Entrance

今回は初めてMass RMV Revere。たまたまアポがとれたのがココだったのと、偶然にも横にUSCISのBiometricsセンターがあることから状況を理解してくれるのではないかという淡い期待も持って訪問。

第一の関所 -受付

受付では申請書と書類を確認し、整理番号が発行される。ここで落とされればアウトだが、まずは第一関門はクリア。そのまま待合座席で待機。

1時間40分くらい待っただろうか。ようやく順番が呼ばれる。

第二の関所 -窓口

案の定、Proof of Lawful Presence (在留証明) で引っかかるが現在Pending中であること、H4はH1bのDependentがとることができること、Biometricsも完了していることも説明し、手続きを進めてもらえないかどうかを交渉。

状況は把握してもらえたのか一通りの更新手続き開始

  • 写真撮影
  • 視力検査 (文字、色、側面の点滅)

これは状況を理解してもらえて免許更新をしてもらえるかもしれない!

結果

Application Status Letterというものを受領

状況としてはやはりProof of Lawful Presenceが必要とのこと。配偶者のI-797Aと、自身のPending状態のI-797Bでは認めてもらうことができず、マサチューセッツ州の運転免許の更新はできなかった。

窓口にて改めてビザの扱いなどの説明もするが、必要とされている書類が揃っていないため発行できないとのこと。窓口担当は至って親切な方であり、嫌な気持ちは一切なかった。ルールに従って手続きを進めてくれており、もしかしたらなんとかできるかもしれないと機械に入力してくれていたのかもしれない。ここはしつこく食い下がって問題を起こしても得策ではないので仕方なく諦めることにした。

もしかしたら、例外的にH4のPending状態でも免許の更新を認めてもらえるケースがあるのかもしれないが、今回はそのような状況は起きなかった。

カリフォルニア州だとAB60と呼ばれるもので、このような状況下においても更新ができるように理解できるが、そのようなものがマサチューセッツ州にもあればなんとかなったのかもしれないのに。

兎にも角にもH4ビザの進捗状況が早く進みI-797Aが発行されることを祈るばかりである。それまで更新ができないのだから。

Road Test

マサチューセッツ州運転免許④ Watertownでの路上試験

ドライバーズライセンス(運転免許証)のロードテストをようやく受けてきました。

試験は無事合格!

ほっ。

試験会場はウォータータウン。あいにくの雨。ワイパーを動かしながらの走行で、ライトを点灯することを忘れないといけませんが、今回はドライビングスクールスポンサーのテストであったため、その点は心配無用。生徒が即座に交代するためワイパーは常に稼働していたため。

ドライビングスクールによるロードテストの場合、流れ作業で行われ、後部座席にドライビングスクールのインストラクターも同乗の上でのテスト。決して和やかな雰囲気で行われるわけではないですが、個人で挑むよりは少しは楽なのかもしれません。

英語での指示に不安がある場合、Interpretor が同乗することを許可してもらう必要があります。試験官にももしかしたらよるかもしれませんが、事前に伝えておくことが良いような気がしました。

これもドライビングスクール経由だったので、事前に私が妻のロードテストの際には Interpretor として誰かが同乗することを伝えておいたので、特に問題なく進めることができました。このあたりもドライビングスクールのメリットかもしれません。

コースは常に同じなのか、試験官によって変わるのかはわかりませんが、参考までに記録しておきます。

試験項目(コース1)

  1. ハンドシグナル
  2. 停止状態からの発進の際のブラインドスポット確認、サイドミラー確認、バックミラー確認、ターンシグナル(ウィンカー)
  3. 駐車場内の制限速度厳守 (10mph)
  4. 信号での停止線手前停止
  5. 右折(赤の状態でも、安全を確認して右折)
  6. パラレルパーキング
  7. 後方直進走行(後方確認しながらの走行)
  8. 3ポイントターン(ブラインドスポット、ミラー、ターンシグナル、後方確認など)
  9. 住宅街走行
  10. 信号停止
  11. 右折(No Turn On Redがあるのでその場所では確実に停止)
  12. All Way Stop (4-Way Stop) での右折

試験項目(コース2)

  1. ハンドシグナル
  2. 停止状態からの発進の際のブラインドスポット確認、サイドミラー確認、バックミラー確認、ターンシグナル(ウィンカー)
  3. 駐車場内の制限速度厳守 (10mph)
  4. 信号での停止線手前停止
  5. 右折(赤の状態でも、安全を確認して右折)
  6. パラレルパーキング
  7. 後方直進走行(後方確認しながらの走行)
  8. 3ポイントターン(ブラインドスポット、ミラー、ターンシグナル、後方確認など)
  9. 左折(複数車線への左折、手前のラインに入る)
  10. 主要道路走行
  11. 左折(左折専用レーン)
マーク 説明
S 開始場所
E 終了場所
T 確認テスト実施場所

test1(図1 – コース1)

test2(図2 – コース2)

マサチューセッツ州運転免許③ ロードテスト チェック項目

マサチューセッツ州のドライバーズライセンス(運転免許証)におけるロードテストは減点方式で合否判定されます。

  • PASS (合格) : エラー項目 (A-H) のチェックが 0-2 個の場合
  • FAIL (不合格) : エラー項目 (A-H) のチェックが 3 個以上の場合
  • IMMEDIATE FAIL (即不合格) : Critical Error のチェックが 1 個以上の場合

検査項目は以下の通り

  • 一発アウトのレッドカード (Critical Error)
    • 衝突事故
    • 衝突事故未遂
    • 危険な運転
    • 車の運転操作が未熟
    • 縁石にいずれかのタイヤひとつでもぶつかった場合
    • 試験官の指示を誤った場合
    • シートベルト違反
    • ハンドシグナル理解不足
    • 主要な車載機能の理解不足
    • 交差点を塞いだ場合
    • 信号違反
    • 制限速度違反(超過・遅すぎる)
    • 試験官の言動・物理的な行動による操作が必要となった場合
    • 黄色線・白線違反
    • 以下の状況・事項に対する減速対処違反
      • 緊急車両
      • 歩行者
      • スクールバス
      • 横断歩道
      • 信号
      • 交差点標識
  • 3ストライクアウト (Errors)
    • A 走行開始
      • ギア操作
      • ブラインドスポット確認
      • 走行車両確認
      • シグナル(ウィンカー)
      • スムーズな車道への移動
      • 手の位置
    • B 停止
      • スムーズなブレーキ
      • 車両の適切な停車
      • 完全な停止
      • 不必要な停止がないこと
      • 適切な減速
      • シグナル(ウィンカー)
    • C 駐車
      • シグナル(ウィンカー)
      • 走行車両確認
      • 位置修正は一回以内での適切な位置への確定と駐車
      • パラレルパーキング(縦列駐車)
    • D 斜面操作
      • 前方・後方への移動抑制
      • エマージェンシーブレーキ(サイドブレーキ)の適切な操作
      • 適切なシグナル(ウィンカー)
      • 斜面停車におけるタイヤ位置の操作
    • E 後方走行 (50フィート)
      • ブラインドスポットの確認
      • 右肩越しの後方確認
      • スムーズなスピードによる後方走行
      • 走行車両に対する安全な対処
      • まっすぐな位置の保持
    • F スリーポイントターン
      • シグナル(ウィンカー)
      • 走行車両確認
      • ブラインドスポット確認
      • 対向車に対する減速
      • 適切な後方走行技術
      • 適切なターンの回数
    • G ターン(右折・左折)
      • シグナル(ウィンカー)
      • 走行車両の確認
      • 正しいレーンでの走行
      • 適切な減速
      • トラベルレーン妨害をしないこと
      • 適切な速度
      • 適切なハンドル操作技術
      • ターンが過度に大回りでなくまた小回りすぎないこと
    • H レーン変更
      • シグナル(ウィンカー)
      • 走行車両確認
      • ブラインドスポット確認
      • 適切な合流
      • レーンキープ
      • シグナルのキャンセル(ウィンカー停止)

特に「ハンドシグナルを知らなかったり、正しい形での操作ができない」「縁石にぶつかってしまったり乗り上げてしまう」「試験官にブレーキを踏まれたりハンドルを操作される」「制限速度を超えてしまう」などは一発アウトなので、そのあたりは確実に押さえておきたい点です。

試験会場の駐車場内などは制限速度がかなり低い場合があるので、そのあたりもしっかり把握しておく必要があります。

CS Driving School

マサチューセッツ州運転免許② ロードテストに向けて~CS ドライビングスクール

米国では運転免許を取得するために筆記テストとロードテストをパスする必要があります。マサチューセッツ州も同じです。

筆記テストについてはこちらの記事を参照。

ロードテストについては、以下のいずれかの方法で実施が可能。

  1. 個人保有の車を用いての実施
  2. ロードテストが認められたレンタカーを用いての実施
  3. ドライビングスクールの車を用いての実施

車の条件として、特に注意すべきなのは以下

  1. エマージェンシーブレーキ(サイドブレーキ)が運転席と助手席にあるスティックタイプであること(フットタイプだとテストできない)

バックモニターなどもテスト時に使用せず、後方を見るなどができれば問題ないですが、もしかしたら試験官によるかもしれませんので、事前確認した方がいいかもしれません。

さて、当初は知人の車を借りて個人でのロードテストを試みていましたが、仕事と重なり過去2回キャンセル。妻よりも先に取得して、フィードバックしようと思っていましたが、時間もかなり経過したため、2人同時に取得する方向に転換。知人に紹介してもらったドライビングスクールにて実施することに。

CS Driving School

CS Driving School

この CS Driving School の Premium Road Test Package にてロードテストに特化したレッスン、対策、そしてロードテストの対応ができます。

内容

  • ロードテスト対策レッスン
  • ロードテスト(日曜日)
  • 免許発行手続き(合格者のみ RMV にて代行手続き郵送対応)

詳細

項目 内容
金額 USD 250.00
レッスン時間 1時間
レッスン回数 1回
レッスン曜日 平日
レッスン送迎 自宅まであり
レッスン実施場所 ドライビングスクール・住宅界隈
レッスン内容 パラレルパーキング
後方直進走行
3ポイントターン
右折・左折
交差点(信号あり、信号なし)
ハンドシグナル
ターンシグナル(ウィンカー)
制限速度
加速・減速
ブレーキ
ロードテスト注意点説明
など
ロードテスト RMV Watertown
ロードテスト曜日 日曜日

少し、他のドライビングスクールより金額は高いと思いますが、ドライビングスクールまで運転しにいく必要がないのと、ロードテスト本番対策も含めて一通り説明してくれるので、決して悪くないと思います。

マサチューセッツ州運転免許① -仮免許 Learner’s Permit-

Lerner's Permit

マサチューセッツ州運転免許① 仮免許 Learner’s Permit

自動車免許の筆記試験 (ペーパーテスト)を受講し、Learner’s Permit を取得してきました。

場所は Watertown の RMV。8:40頃に到着したら30人くらいの待ち行列。ロードテストの人やレジストレーションの人なども含めての列のため、9:10にはブースで対応し、9:20に受験。受験終了は10分程度で結果は9:40には終了。朝一に行けば比較的早く終了できるのかと思います。

必要書類

  1. パスポート (出生証明)
    1. 最新 I-94 (L1ビザ)
  2. 公共料金の請求書 (居住証明)
  3. ソーシャルセキュリティーカード (署名証明)

試験の流れ

※ 2017年ごろから手順9〜14が日本語の場合でも機械テストに変更

  1. 書類確認 (9:05)
  2. 整理番号取得
  3. ブース移動 (9:10)
  4. 書類提出
  5. 視力検査
  6. 写真撮影
  7. 署名
  8. 支払い
  9. 試験言語選択
  10. テストルームにて受験 (9:20)
  11. 回答用紙を提出 (9:30)
  12. 採点待機
  13. 呼び出し
  14. 結果 (9:40)

視力検査

※ 2019年6月6日現在も同じ検査

日本でもよくある視力検査をする機械に目をつけての検査

  1. 視力測定 – 通常の背景による数字を読み取る検査
    1. どの行を読んでと英語で言われるので、それが聞き取れれば対応できます
  2. 色覚測定 – 緑や赤などの色が混じった中の数字を読み取る検査
    1. 表示されたものを左から順に読めば良いです
  3. 視野測定 – 正面に赤色の三角が見えている状態で、ほぼ真横に光る色を認識する検査
    1. 私の場合は Side に光った色を教えてと言われましたが Left / Right と言われるかもしれませんので、どのような検査なのかと英語の聞き取りに注意が必要です

1や2は似たような試験が日本でもありますが、3はやった記憶がありませんので、英語がわからないとどこを見れば良いかがわからないかもしれませんので、注意が必要です。

写真撮影

1回目で問題なければそれで終了ですが、気に入らない場合2枚目も取得できます。好きな方を選択することができます。

署名

電子パッドでの署名なので書きにくいですが、変になったと言えば書き直しさせてもらえました。

支払い

筆記試験の30ドルだけ支払いすればOKです。

いずれにせよ受講するロードテストとライセンス費用を先に払っておいて、改めて列に並ぶのを避けることもできるとのアドバイスを受けましたので、私はすべて一括で支払ってしまいました。

  • 筆記試験 30ドル
  • ロードテスト 35ドル
  • ライセンス費用 50ドル

支払い方法は、現金、チェック、カードなどが可能です(Registry は現金、マネーオーダー、チェックしか対応できないので注意)

試験

対応している言語であれば、希望言語で受講が可能です。日本語ももちろん対応しています。

私は日本語を選択しました。理由は、日本語の方が翻訳されているものも限りがあり、過去出題問題を覚えていったら対応しやすいのではないかという仮説からそのようにしました。

結果、英語の場合は電子端末による選択式のようですが、日本語の場合は印刷された紙に鉛筆でチェックマークをつけていくスタイルだったので、この仮説は当たりかと思います。おそらく何パターンかあるのかと思いますが、いろんな方の過去出題を見ておくとクリアしやすいかと思います。

問題

覚えている範囲でこのような内容だったというものを記載しています。正解もしくは選択した回答を最初の選択肢および青字にしています。

  1. 16歳半から18歳までの場合どのような免許を保有可能か
    1. 制限付き免許
    2. コマーシャル (CDL)
    3. 制限付き免許
  2. JOLの許容BACは
    1. 0.02
  3. BACは何を意味しているか?
    1. 体内で分解されるスピード
  4. アルコール/BACを下げるには何をすべきか?
    1. 分解されるまでまつ
  5. アルコールによって運転に影響があるかどうか?
    1. はい
    2. 人による
    3. 運転できる車
    4. ない
  6. JOLが初回のスピード違反をした場合、Lerner’s Permit の再試験が必要な他に何が罰せられるか
    1. 90日の免停と500ドルの罰金
  7. JOLにてドラッグレース (Drag Race) に初回違反した場合の罰金は
    1. 500ドル
  8. JOLの制限は
    1. 午前0:30〜午前5:00までの間は保護者同席でないと運転できない
  9. 矯正レンズの場合の制限は
    1. 試験受講時と同じ矯正力の眼鏡等を利用する
  10. JOLの人は何ヶ月連続の無違反の期間が必要か
    1. 6ヶ月
    2. 3ヶ月
    3. 12ヶ月
  11. 21歳未満のアルコールによる事故率は
    1. 2倍
    2. 同じ
  12. 追突事故の主な原因は
    1. 車間の短い運転 (tailgating)
  13. 高速道路でやってはいけないことは
    1. ジグザグ運転
  14. 歩行者を見かけた場合
    1. どんな時も注意する
    2. 横断歩道にいる場合に注意する
    3. 注意しない
  15. 召喚状に指定された期間内に支払いに応じなかった場合
    1. 延滞料金が課せられ免停となる
    2. 書面による警告
    3. 口頭による警告
    4. 何もおこらない
  16. 白い杖を持った人を見かけた時は
    1. 細心の注意を払う
  17.  八角形のサイン。この意味は?
    1. 一時停止
  18.  頂点が上下左右の斜め正四角形のサインの中に縦長の長方形があり、その長方形の中に丸が3つ縦に並んでいるサイン。この意味は?
    1. 前方に交通標識あり
  19.  右斜め下方向に斜線が入った丸の中に、縦に伸びて左に折れた矢印があるサイン。この意味は?
    1. 左折禁止
  20. 下向き三角のサイン。この意味は?
    1. 徐行
  21. 偽造IDを使い罰せられた際の免停期間は?
    1. 6ヶ月
  22. 信号の緑の意味は?
    1. 進め、他の車に注意しながら
  23. 左折する時にするべきことは?
    1. 一番左のレーンに行って左折する

 

参考

Dr. Kazu 自動車運転免許の取得

Dr. Kazu 運転免許の筆記及び路上試験に関する体験談 (リンク切れ)

自動車免許試験2015最新版@ボストン 「ハーバードで奮闘中、日本人救急医ブログ」

Bostonで自動車免許(筆記試験)♪「よくばり母さん in Boston」

Driving-Tests.org (Massachusetts)

DMV Genius (iOS App)

DMV Genius (Android App)

 

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén