ボストン周辺地域での生活における様々な出来事を綴るブログ

タグ: 飛行機

ボストン〜ニューヨーク交通手段

ニューヨークには仕事・プライベートで何度も訪問。

距離的には東京〜名古屋相当。そう考えると、のぞみで100分程度の距離かと思うかもしれないが、移動手段は日本のようにはいかない。

こちらの同僚は、特にNYCの空港が3つも不便なことから、ダウンタウンに直接乗り入れていて、かつ乗り場での待ち時間やキャンセルなどのリスクも低いことからAmtrakに乗ることを絶賛するが、個人的にはいまいち。

2年間のボストン滞在中、飛行機(アメリカン、ユナイテッド、ジェットブルー)、電車(Amtrak)、バス(Go Bus)、車(自家用車・レンタカー)の考えられる手段で移動した。

結論

  • 仕事: 飛行機 > 電車 > バス > 車
  • 個人: バス > 飛行機 > 電車 > 車

飛行機

できることなら飛行機で常に移動したい。しかし、JFK、La Guardia、NewarkともにNYCからは離れているため、着陸後さらに移動がある。金額を問わない場合、UBER/Lyft/Taxiで移動すれば良いが、それなりの金額がかかる。公共交通手段で空港から移動するならば、JFKもしくはNewarkが便利。La Guardiaだとバスに乗らねばならず、荷物があったりすると少し面倒。

電車

Amtrak。何度か乗ったが、以下の点から私は好きではない。

  1. Reservedとはなっているが、あくまで席はあるよ、というだけで自由席のため取り合い。1人だとまだ良いが、家族移動の時は始発駅でない限り争奪戦。
  2. 汚い。これは飛行機も同じであるが。
  3. 新幹線のように速くない
  4. 出発プラットフォームがギリギリまでわからず、混雑時は乗り場への移動が地獄。
  5. 安いわけではない。

良い点をあげるとすると

  1. 34th Street のマンハッタン中心から乗車・降車可能
  2. 飛行機より安い (タイミングによる)

バス

個人での移動となった場合、特に複数人だとお金がかさむ。それを考えるとバスがとても便利。片道30ドル弱/人で移動でき、NYCに下車できるため追加費用もかからない。

運転が大好きな人は4時間ドライブでNYCまで行くのもありだが、もしマンハッタンに行くとなると駐車場や運転が大変。NJや郊外なら良いかもしれない。過去に以下の経路で車で移動したが、もうこりごり。そもそも、運転が好きじゃないんですよね。

  1. Newark → ボストン郊外
  2. ボストン郊外 → Newark
  3. ボストン郊外 ←→ Lehman College 往復

移動時間

移動時間について、ボストン〜ニューヨークと東京〜名古屋を比較してみると以下の通り。いかんせん、Amtrakがいけてない。確かに、NY Penn Stationはマディソン・スクエア・ガーデンだし、NYCのど真ん中で便利。でも、新幹線の倍以上の時間がかかり、Reservedとは名ばかりの自由席、そして汚いとなると、改めて乗る気が失せる。

 

区間 距離 (*1) 飛行機 (*2) 電車 (*3) バス (*4) 車 (*5)
ボストン〜ニューヨーク 340km(211mile) 60min 220min 255min 240min
東京〜名古屋 350km 60min 100min 300min 360min

*1 Google MapによるSouth Station-NY Penn Stationを車で移動した場合、および東京駅から名古屋駅までを車で移動した場合の距離

*2 実際には30-40分程度の飛行時間になると思う

*3 South StationからNY Penn StationまでのAmtrak Acelaでの移動時間、および東京駅から名古屋駅までののぞみでの移動時間

*4 Greyhound, Megabusなどでの移動時間、およびジェイアール東海バスでの移動時間

*5 概算

 

カナダからVISAでの米国入国の際には3時間以上の余裕で

「3時間以上の余裕を」

カナダからの米国への空路での渡航時、米国入国審査はカナダで行われます。つまり、カナダでそれなりに時間を要するので、通常の航路よりも時間に余裕を持っていく必要があります。特にVISAでの米国入国の際には通常のESTAよりも時間がかかる(審査官が少ない)ので、特に注意が必要。

過去に3度、カナダから米国への入国を行いましたが、スムーズだったのは1度のみ。他は強烈なまでの入国審査行列。

  1. DL 3656 モントリオール → デトロイト (夕方5時ごろのフライト)
  2. AA 3351モントリオール → ニューヨーク (LGA) (朝6:30ごろのフライト)
  3. AC 524 トロント → ボストン (午後2:30ごろのフライト)

 

1 はセキュリティも入国審査もスムーズに終わり、ゲートまでスムーズに移動できたので、それが基準になってしまいましたが、2 と 3 は大変。

2 はセキュリティは超えたものの、入国審査が長蛇の列。実は空港に到着した時にあまり時間の余裕がなく、間に合わないかと思いました。

3 はセキュリティは運良く家族連れで優先対応してくれたのでスムーズに進み、入国審査は30分程度の待ちで終了。2時間以上前に着いていたので大丈夫だとは思っていたのですが、家族連れの優先対応がなければギリギリだったかもしれません。

やはり、米国線限定でセキュリティと入国審査が設定されているので、時間の余裕は見ておかないと乗り遅れてしまうことも可能性として多いにあります。

特にエアカナダで日本から米国に入る人は入国審査を踏まえて乗り換え時間に余裕をもたせるなどの注意が必要になるかもしれません。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén