ボストン周辺地域での生活における様々な出来事を綴るブログ

タグ: 空港

LaGuardia (LGA) ターミナルBからの UBER/Lyft 乗車

どの空港においても、車での移動をする際にはタクシーは極力利用せずUBER/Lyftを利用している。理由は単純。

  • 現金を持つ必要なし
  • カード決済もその場でする必要がなくサインも不要
  • 乗車、降車は即座
  • タクシーより基本的に安い (例外あり)
  • 便利

今回、ラガーディア空港(LGA)のターミナルBに到着し、いつものようにUBER/Lyftを呼んだのだけれど、いきなり混乱してしまった。

空港での乗車には空港ごとの規制があり、乗車できる場所が決まっている。このLGA、とくにターミナルBはややこしいことが判明。

  1. LGA Terminal B 到着
  2. 出口まで移動
  3. Green Routeというシャトルバスに乗車
    Everyone who used a ride-hailing app had to take a shuttle bus
    (Jen Chung / Gothamist)
  4. Pickup Location (UBER/Lyftなどのライドシェア用) まで移動、下車
  5. UBER/Lyftで呼んでおいた車に乗車

この手順3は、他の空港では見たことがない手順。要注意である。

詳細 LaGuardia’s New For-Hire-Vehicle Pickup System Is A Confusing Headache

さて、となるとUBER/Lyftを呼ぶタイミングが難しいのであるが、個人的には手順3の直後が良いと思う。

シャトルの発車タイミングがわからないし、まずどこにいるのかも最初はわからないと思うので、乗ってすぐが良いと思う。

慣れてくれば歩きながら呼び出して対応もありかもしれない。

参照

JFKからNYCまで ~AirTrain + LIRR~

JFK から NYC Manhattan まで移動する方法はいくつかある

  1. TAXI
  2. UBER/Lyft
  3. Shuttle Bus Service (e.g. NYC Airporter)
  4. AirTrain + Long Island Rail Road (LIRR)

荷物が多い場合、子連れの場合などは 1 か 2 がベストだが、荷物を自分で運べる場合で電車での移動が好きな人は 4 がオススメ。

理由

  1. 経済的に安い
  2. 道路渋滞に影響を受けず、1時間以内で Penn Station までいける

経路

  • JFK → Jamaica → NY Penn Station
  1. JFKの各ターミナルから AirTrain の案内を頼りに移動


  2. 【重要!!!】ここでは必ず掲示板赤色表示されるJamaica Trainに乗車する。同じホームから緑色表示のHoward Beach TrainAll Terminal Loop Trainも出るのでそれらは無視して次にくるJamaica Trainを待つべし。たまにFederal Circle Trainもくるが例外的にFederal Circleで乗り換えしなさいと言われない限りJamaica Trainを待つ。

  3. Jamaica 駅にて AirTrain 分のチケットと Jamaica → NY Penn Station までの LIRR (Long Island Rail Road) チケットを購入。(LIRRの自販機であれば一括購入できるみたいだが試せていない)

  4. 続けて、AirTrain のチケットを購入。カードにチャージするときは $5.00。(2019年後半から値上げしたため $7.50)

  5. ゲートを AirTrain の切符でくぐる

  6. NY Penn Station 行きのプラットフォームを確認し発車時刻まで待機


  7.  乗車。自由席なので好きなところに着席。

  8. 車掌が切符の見回りに来るので、駅で購入した切符を提示。モバイルアプリで購入していた場合には、チケットをアクティベートして画面を提示。

  9. Penn Station まで2〜3駅、20分程度の乗車。

日本の電車乗り換えと比べれば、ホームの構造も複雑ではないので簡単。切符の買い方が迷ってしまうが、そこがクリアできれば問題なし。

モバイルアプリで LIRR のチケットを買う場合、 AirTrain で Jamaica に移動している間に買っておいて、時短することも可能。LIRR のチケットアプリについてはまた別途。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén